banner

東京での会社設立

東京で会社設立することを考える

自分の会社をスタートしたい、事業が軌道に乗ってきたので会社にしたい、節税対策として会社にしたい、有限責任になるので会社にしたい、資金調達しやすくなるので会社にしたいなど、会社設立されたい方はさまざまな理由があることでしょう。
そこで東京で会社設立するなら東京の会社設立代行サービスにご依頼してはどうですか。
こちらでは個人事業主から法人にしたい方のためにご相談から書類の作成、手続きなどさまざまな面から会社設立をバックアップしています。電子定款に対応していますので、通常は必要な実費、印紙代4万円がかかりません。自分で手続きするより実費費用も時間も手間も節約する事が出来ます。会社設立はほとんどの方が初めてでしょうから、
ご自身で調べたり役所まで足を運んでいたのでは大変な時間がかかり、
本業に専念できなくなります。お客様一人一人に合ったきめ細やかなサポートが受けられるので、報酬としてお支払いするだけの価値が生まれます。
事務所へ来られた時になんでも相談してみてください。

会社設立と事業目的の目的事例集について

定款

会社設立を行う時は、会社の憲法と呼ばれている定款を定めなくてはなりません。定款は公証人役場で認証を得て有効性が認められることで効力を持ち、会社を作ることが可能になります。しかし、公証人役場で認証がえられなければ、定款は無効になり、会社設立が出来なくなります。
そのため、とても重要なものでもあり、会社設立におけるポイントでもあるわけです。
この定款には絶対的記載事項と言うものが在ります。
これは読んで字のごとく、絶対に記載をして定めなくてはいけないと言う事項になります。
この事項には、会社の商号や会社の事業目的、本店の住所、発起人の氏名および住所と言った基本的な事項を記載する形になります。
会社の商号は、新会社法が施行されるまでは、類似商号調査などが必要でした。
会社の住所が管轄になる法務局の中で、同じ商号を使う事が禁じられていた事からも、会社設立を行う時には必ず類似商号調査が必要だったのです。
しかし、新会社法が施行されてからは、類似商号調査と言うものは無くなり、緩和されています。
それでも同一管轄の中で、同じ事業目的を持つ同じ商号の会社が在ることは望ましくありませんので、会社を作る際には、調査をしておいた方が良いとも言われているのです。

事業目的について

事業目的と言うのは、会社の事業がどのようなものであるのかを簡潔にまとめたものです。
事業目的は相応しい物もあればそうではないものも有ります。
しかし、初めて会社を作る人にとって、それが良いのか悪いのかと言ったことは中々解るものではありません。
こんな時に便利なのが目的事例集です。
インターネットの中では会社設立をサポートしてくれるウェブサイトが沢山有りますが、ウェブサイトの中には過去に会社の目的として適格であると判断された事業目的の事例をキーワードを入力するだけで検索可能にしているところがあります。

これを利用すれば、絶対的記載事項で定款が無効になってしまう事を事前に防止する事も可能になるわけです。

また、定款に事業目的を記載する場合、コツと言うものが在ると言います。
定款の中に記載する事業目的の最後の部分に、「前各号に附帯関連する一切の事業」もしくは、「前号に関連する一切の事業」と言う文章を追加したり、上記各号(もしくは上記前号)に掲げる以外の事業と言う文章を記載しておくことで、事業目的の範囲と言う物を大きくすることが出来るため、より幅広いビジネスを手掛けることが可能になると言うメリットがあるわけです。

Copyright(c) 2014 会社設立の流れを分かりやすく解説します。流れ、資本金色々な事をしっかり準備しましょう All Rights Reserved.